近年では住宅のバリアフリーを行うことが増加傾向にあります。
その背景として、高齢化社会となっていることが社会的な問題として採り上げられることがありますが、合せるように住宅をリフォームすることも注目されています。
ドアノブに関連する内容としては、一定の築年数を持っている住宅の場合では、いわゆる握り玉式の古いノブが取り付けられていることが多い傾向にあります。
この場合では、レバータイプのドアノブに変更することによって、バリアフリーを兼ねたリフォームを行うことができます。
レバータイプの場合では、片手の指だけでも簡単に操作を行うことができ、力を必要とせずにドアを開閉させることができます。
トレンドとしては、洋風のドアにレバー式のノブになりますが、多くのケースで既存のタイプから変更させることができます。

ドアノブの修理交換に携わる方法

ドアノブの修理や交換を希望している方の場合では、どこに依頼をして良いのか判断できない場合があります。
現在ではインターネットが普及しているために、検索することによって、住宅の存在している地域に対応している専門業者などを見つけることができます。
依頼するためには、事前に見積りを希望することが良い方法になり、事前調査としてドアの厚みや素材の種類、選択するノブによっても大きく変わることになります。
人気とされているものとしては、レバータイプになりますが、このタイプであっても数多くのカラーリングが施されているものや、ロック機能などが備わっているものも用意されているために、この点に関しても専門業者と相談することがおすすめになります。

タイプ

ドアノブを修理したり交換してもらう事ができる業者には、カギを主に扱う業者と、ドアノブを専門に扱う業者等があります。
付け替えを行う業者のサービスは、各業者にもよりますが様々なサービス提供を行っており、料金等も業者によって異なります。
どのような形式の物かという事等でも依頼をするべき場所は異なりますが、大半の場合どのような物であったとしても交換や修理の対応をしてくれる設備が整っているので、各業者のホームページ等を閲覧すれば対応時間等を把握した上で依頼をする事ができます。
電話での問い合わせを行う事ができる業者も多く、依頼をしたい場合には問い合わせを行い、調査訪問等をしてもらった上で見積もりを受け取るという方向で話が進んでいきます。

オススメリンク

ドアの故障で交換が必要なら@ドアノブ交換修理.jp
急に壊れたドアノブはドアノブ修理専門業者にすぐ対応してもらいましょう。迅速に対処してくれるので安心してお任せ出来ますよ。 ドアノブ交換をして防犯対策を徹底しましょう【ドア修理で機能性と防犯性をアップさせよう】

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年3月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031